衛生ランダム編


薬学道場衛生ランダム編
欠乏すると貧血を起こし、ウィルソン病の原因となる必須微量元素はどれか。
  • Mn
  • Cu
  • Mo
  • Fe
  • Se

A.Cu

Mnは欠乏により骨発育不全を起こし、過剰でパーキンソン様症状を起こす、Moは通常の食生活では不足は見られない、Feは貧血を引き起こすがウィルソン病の原因とはならない、Seは欠乏により心筋障害を起こす。蓄積が原因でウィルソン病を引き起こすのはCuである。

腸内細菌によって合成されるビタミンはどれか。1つ選びなさい。
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • ビタミンD
  • ビタミンB1
  • ビタミンK

A.ビタミンK

腸内細菌によってビタミンKが産生される。新生児は腸内細菌叢による新生がないためビタミンK欠乏状態に陥ることがある。臨床ではビタミンK欠乏性出血症の予防のためビタミンK2シロップを投与している。
腸内細菌によって合成されるビタミンはゴロで覚えるべし!

腸内細菌によって合成されるビタミンのゴロ

下記の下水・汚水処理法のうち浮遊生物法を利用した方法はどれか。1つ選びなさい。
  • 散水ろ床法
  • 回転円盤法
  • 接触曝気法
  • オキシデーションディッチ法
  • メタン発酵法

A.オキシデーションディッチ法

下水・汚水処理法は浮遊生物法と生物膜法に分けられ、浮遊生物法には活性汚泥法とオキシデーションディッチ法がある。

環境汚染物質の生態内動態に関する語句のうち「バイオレメディエーション」と関係の深い語句はどれか。1つ選びなさい。
  • 難分解性
  • 食物連鎖
  • 非意図的生成物
  • 生物学的変換
  • 生分解

A.生分解

微生物の働きを利用して汚染物質を分解等することにより、土壌、地下水等の環境汚染の浄化(環境修復)を図る技術をバイオレメディエーションという。

毒性試験のうち、ネズミチフス菌 Salmonella typhimurium を用いるのはどれか。1つ選びなさい。
  • Ames試験
  • Recアッセイ
  • in vivo 小核試験
  • polアッセイ
  • 催奇形性試験

A.Ames試験

Ames試験は変異原性試験の1つであり、発がんイニシエーターのスクリーニング法として広く用いられている。Recアッセイは枯草菌、polアッセイは大腸菌を用いる。

次の放射線障害のうち、確立的影響はどれか。1つ選びなさい。
  • 白内障
  • 脱毛
  • リンパ球の一時的減少
  • 再生不良性貧血
  • 白血病

A.白血病

がんと遺伝的影響はしきい線量は存在しないと仮定され、被爆によって必ず発現するわけではなく、受ける線量が増加すると発生する確率が高くなる。確定的影響はしきい線量があり、がんと遺伝的影響以外の全ての障害が該当する。グラフを頭に入れておくと◎

がんと遺伝的影響のしきい線量のグラフ

廃棄物に関する記述のうち、誤っているものはどれか。1つ選びなさい。
  • 一般廃棄物の処理は、各市町村がその責任を負う。
  • すべての産業廃棄物にはマニフェスト制度が導入されている。
  • 畜産業から排出される動物のふん尿は産業廃棄物である。
  • 鋭利でない感染性の医療廃棄物を滅菌処理しても、非感染性廃棄物として取り扱うことはできない。
  • ペットボトルとアルミ缶は、容器包装リサイクル法の対象である。

A.鋭利でない感染性の医療廃棄物を滅菌処理しても、非感染性廃棄物として取り扱うことはできない。

感染性廃棄物は、焼却・溶解・高圧蒸気滅菌等の処理をした後は、非感染性廃棄物となるため、通常の廃棄物としてその種類に応じた処分を行う。ただし、鋭利なものは除外されるので注意!

世界保健機関(WHO)が直接担当しない活動はどれか。1つ選びなさい。
  • 感染症対策
  • 地球温暖化防止対策
  • 衛生統計
  • エイズ対策
  • たばこ対策

A.地球温暖化防止対策

WHOは感染症対策、衛生統計、基準づくりなど、広範な保健分野の活動を行っており、最近の主な取組みとしては、ポリオ根絶に向けた取組みの強化、国連合同エイズ計画(UNAIDS)によるエイズ対策、世界エイズ・結核・マラリア対策基金の設立、たばこ規制枠組条約によるたばこ対策などがあげられる。

感染症における一種病原体であるものを次の選択肢から1つ選びなさい。
  • 狂犬病ウイルス
  • 炭疽菌
  • エボラウイルス
  • ブルセラ菌
  • SARSコロナウイルス

A.エボラウイルス

SARSコロナウイルスは二類感染症、狂犬病、炭疽菌、ブルセラ菌は4類感染症である。

我が国の死亡統計において、1985年以降緩やかな上昇傾向を示している指標はどれか。1つ選びなさい。
  • 妊産婦死亡率
  • 周産期死亡率
  • 乳児死亡率
  • 粗死亡率
  • 年齢調整死亡率

A.粗死亡率

粗死亡率は死亡率とも表記される。一般に平均寿命は長ければ死亡率は低いが、死亡率は加齢とともに上昇するため我が国の死亡率は低下傾向にあったが、1983年頃から人工の高齢化により緩やかだが上昇傾向となっている。




この記事を書いた人

あやちゃむ

薬剤師2年目の社会人。
薬学生時代は何を勉強すればよいのかわからず、模索し、独自の勉強法を確立。そして薬剤師国家試験に一発で合格。
このブログでは受験するうえで身につけた、合格のための勉強法を参考書の単元ごとにまとめていきます。

コメントする

残り8文字

残り512文字